愛しいカラダ。

1月に義母が亡くなったのですが、
その際、滋賀と大阪を行ったり来たり、
お通夜と葬儀などで長時間身体が緊張状態。
慣れない長距離運転・・

そして一人残された義父の認知症。
色々考えることもあったりで、一気にカラダに疲れが風邪と腰痛になってドバッと出てしまいました。
身体は正直です。

風邪は寝て治しましたが、腰痛は数日後にトリートメントの予約が入っていたので、プロに診てもらいに行きました。
箕面市白島にあるサンパーソナル治療院。

私は、側彎症持ちです。
側彎症とは脊椎がS字に歪む病気で、思春期になるケースが多い「突発性側彎症」と呼ばれるものです。

小学校高学年くらいの時にクラス写真を撮ると片方の肩が下がっているのに気づいて
病院に行って診断されたのですが、
特に治療という話にもならず、そのまま大人になりました。
若いころは腰に疲れが出やすく、デパートや大きなショッピングモールで長時間歩いたりするのが辛かったのですが、
いつの間にか、(たぶん産後家事や育児に気を取られて)痛みは感じなくなり、今回腰痛が出るまでは、自分が側彎症だったことすら忘れていました。

今回のことをきっかけに
自分のカラダにじっくり意識を向けてみることに。

深い呼吸
どこが緊張しているのか
どこに痛みがあるのか
どうしたら気持ちよいか

そうしてるうちに自分のカラダがとっても愛おしく感じてきました。

私のカラダ、本当に頑張ってるよね。
たっぷりいたわってあげたい。
新鮮な酸素を全身に送り届けてあげよう。
美味しくて健康的なものを食べてあげよう。
ストレス溜めないようにしてあげよう。

毎日を軽やかに過ごすために♪

関連記事

  1. 【ご感想】一人になれる時間はほんと貴重で・・・

  2. 素敵なハロウィンバスボム♡

  3. おうちで出来るアロマケア②~カラダ編

  4. みのマママルシェ12月

  5. my notebook time。

  6. 忙しいときこそ。

PAGE TOP