旅行レポ。

先週末、2泊3日で東京方面へ家族で遊びに行ってきました。
ちょっと珍しいカタチの旅行だったのでレポートします(^^♪

4月1日(土)
6時起床。
次女にとっては人生2回目の新幹線だけど
1回目は3歳くらいだったから本人の記憶になくて、
ものすごく楽しみにしている様子。
リュックには大好きなカービィのぬいぐるみを入れて。

私が新幹線に乗るのは去年の3月の湯河原の一人旅以来。
あの時のことを車窓ごしに思いだしていました。
1年後、こうして家族で新幹線に乗って出かけているとは。
コロナ禍もあったし、子どもの成長に伴い4人で出かけることも減ってきてたから
なんかとても嬉しかったな。

10時半頃に品川駅に到着したあと、二手に分かれる若林家。
夫+長女チームは神宮球場、私と次女はスカイツリー方面へ。

夫が大のヤクルトファン、長女も野球が好きで去年も神宮に行ったお二人さん。
今回は2日間2試合観るというのが旅の目的。
(どちらかといえば、この野球観戦旅行に、私と次女が便乗しただけという。。)

そして妻+次女チームは、熱狂的な「星のカービィ」ファンの次女の願いを叶えるべく、
東京スカイツリー隣接の施設“ソラマチ”にある「カービィカフェ」へ。

カービィカフェは東京と博多にだけあります

カービィって本当に人気なのね。。。
カフェの予約が1か月前からなんだけど、
予約開始と同時にアクセスしたけど全然取れない!!
うちの近所にあるスコーン屋さんのネット販売に負けず劣らずで秒で完売。
今回もイートインの予約がどうしても取れず予約なしで買えるテイクアウトメニューで我慢。
スカイツリーの下でいただきました。

カービィ型の容器に入ったカービィバーガー

あとはお年玉を使い果たす勢いでカービィグッズを買っていました。
それはそれは嬉しそうな顔をしていて・・
大好きなものがあるっていいね。

晩御飯もソラマチの中の沖縄料理屋さんへ。

旅先のビール最高!
(東京で沖縄料理?って夫に突っ込まれたけど)
次女と二人で夜の外食っていうのも新鮮でよかった!


ホテルに向かう前のスカイツリー

一方、夫チームはヤクルト勝利!
球場近くの居酒屋さんで祝杯をあげたようです。

もちろんホテルも別々です。
家族旅行でこれ珍しんじゃないかな?

スカイツリー近くのホテル。イイ感じでした!

旅行前々日にスマホデビューした長女。
LINEで随時様子を伝えてくれて、
写真を送ってくれたり、
意味不明なスタンプを送ってくれたり。
LINEのビデオ通話で姉妹で会話してるのが楽しそうでした。
こういう文明の利器のおかげで寂しくて寝れないとかはお互いなかったようです。
(いや、そういうのなくても爆睡姉妹!ww)

4月2日(日)
2日目も夫たちは野球。試合の前に長女の推し活ショッピングにいったそうです。
私たちも再びソラマチへ。
初めてスカイツリーに登ることに。
夫は重度の高所恐怖症なので、もし一緒だったら行くことはなかったと思います。
次女はどうやら平気のようで
下界が見えるガラスの床も「すごーい!」と言いながら嬉しそうに覗き込んでました。

(結構これ怖いよ・・)

スカイツリーに登ったあとは再びカービィ(笑)
カービィはお腹いっぱいの私は、ちょうどスカイツリーの下でプチマルシェをやっていたので
大人の楽しみも味わえました。

東京来てまだスカイツリーにしかいないじゃん!
ということで、浅草まで隅田川沿いをお散歩。
ちょうど桜が綺麗に咲いてて気持ちよいウォーキングになりました。
結構な距離があったけど
満たされている次女は疲れたとも言わずに終始ご機嫌さんでした。
浅草寺はもう・・人だらけ!!
東京はやっぱり人が多い。
食べるとこもだいたい行列しているし。
外国からの観光客もかなり多かったです。

そして夕方、横浜へ移動。
旅行のもう一つの目的が「横浜にいる母に会うこと」
野球チームも2時間後に横浜に到着。
夫は翌日仕事があるため帰阪。

2日目はみなとみらいのホテルで女子3人でお泊り。
これも楽しい!
これからちょくちょく行けたらいいなw

 

4月3日(月)
午前中は長女の好きな「プラネタリウム」へ。
プラネタリアYOKOHAMA – プラネタリウム|コニカミノルタ (konicaminolta.jp)

セカオワの「スターライトパレード」や藤井フミヤの「Another Orion」などの曲が流れる中
星空とそれにまつわる心温まるエピソードをラジオ形式で聴くという面白い演出で
天体の知識がなくても
宇宙の中にいる自分は何者でもなく誰も代わりがいない唯一無二の存在だよ
ということをあらためて教えてくれるいい時間でした。

そしていよいよ母の元へ。
色々事情があり数年間会うことができませんでした。
前回横浜に来たのは次女が初めて新幹線に乗った時。だからほとんど顔は記憶にない。

最寄り駅の改札で再会した母を見て
思わず涙があふれる私。

やっと会えたという嬉しい気持ちもあるんだろうけど、
私の中の記憶にある母とはずいぶん変わってしまっていて
体も少し小さくなっているし
歩き方もトボトボしていて
電話で時々会話していても少し認知面に問題がありそうな気がするなあと思っていたけど
実際に会ってみて想像以上に衰えていたのでちょっとショックでした・・。

旅行前、サロン移転のあれこれで頭が忙しくなっていたので
家族との時間をたっぷり楽しもうと思いながら出発した今回の旅行。

母と久々に再会して
痛切に感じたことは
「目の前にいる大切な誰かのために何ができるかを考える(想う)」以上のことなんてこの世にないってこと。
そこには何かを成し遂げたとか、肩書きとか資格とか何にも要らなくて。
「私がわたしという存在としてここにいる」ただそれだけ。

そう考えると、
サロンのことで不安におもわないといけないことなんて、そもそもないんだわ・・・。

視点がガラリと変わった瞬間でした。

子ども達も頼もしい戦力になってくれるようになった今。
悔いのないように
母のこともサロンのことも家族のことも周りにいるみんなのことを
心の底から大切にしたいと思った帰りの新幹線。

追伸:帰ってきた新大阪駅でおもむろにカービィのキーホルダーを見つけ「〆に」と買う次女でしたww
あの人のカービィセンサー天才的。

 

関連記事

  1. 最近思うこと。

  2. 全ては意味のあること。

  3. 初めてのテスト勉強。

  4. 分かち合い

  5. サプライズ!

  6. 久々の故郷

PAGE TOP