あけまして、ママノワの想い。

もう1月も半月経ちますが(笑)
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

色々考えることもあった昨年。
今年はどんな年にしようかなと新年早々、また考えてました。考えすぎ(笑)
考えることが趣味です。(ちなみに数秘7の人です)
でもどうせなら楽しいこと、心躍るようなワクワクすることをたくさん考えたい。
そんな風に思う1月の私です。

新年一回目のブログなので、
今年のママノワ所信表明(^^♪
ママノワの想いも改めて記します。

わたしがわたしに戻れる場所

仕事や家事、育児に追われる日々。
時代の変化やコロナの影響もあり、
SNSが生活の大きな部分を占めるようになった人も多いのでは。

「私には資格も特技も何にもない」
「私には何も発信できるものがない」
「あの人たちは何であんなに料理も仕事も完璧にできるんだろう」
「あの人たちは何であんなにキラキラして幸せそうなんだろう」

画面を見るたびに誰かと自分を比較して疲れていませんか?
落ち込んでるのに平気な顔をしてみたり、
発信するのに誰かの顔色をうかがったり、
見栄を張ったり。

なんか自分がどこにいるのかわからない。
日々の疲れとともに押し寄せる不安や孤独感。

ママノワは、ありのままの自分を感じて
「わたしがわたしに戻れる場所」。
蓋をしていた負の感情たち、嫉妬、不満、不安を一旦出してもOKな場所。

アロマの優しい香りとセラピストの温かい手に包まれながら
目を閉じれば・・
触れられる感覚から、
自分が今ここに存在している感覚、
延いてはこの地球に、宇宙に、唯一無二で存在している感覚が生まれます。
どんな「わたし」も「私」。
まずは自分自身を自分の内側から感じてもらうことを大切にしています。
そうすることで自然と「その方らしい輝き」が生まれると思うのです。
わたしらしく輝いていると自然と周りの人にも優しい光が降り注ぐ。
そこに「孤独」や「比較」という言葉はないはずです。
あなたの日常がより豊かなものに。

ママノワがaroma+takujiにこだわる理由

お母さんになると、あらゆる選択が子ども優先に。
大切な人のため、それは優しさがもたらす自然な行為。
子どもがまだ小さい間は、多くの場合ママと子どもが四六時中二人きり。
後追いの時期だとトイレも好きに行けずに我慢する状況。
「ああああああ!ひとりになりたい!」
そんな風に思うことありませんか?
預けたり頼れる人が近くにいなかった、かつての私もそうでした。
泣きながら職場にいる夫に電話したこともありました。「今日は私もう無理かも・・・」
ママノワを始めたのは自身の経験に基づいています。

たまには一人になって自分のカラダとココロに向き合う時間をつくりたい。
疲労感を無視して溜め続けるとココロにも不調が出てきます。
心身の不調は家事や育児にも影響を及ぼします。
ママの元気が家族の幸せ。
ママノワのアロマトリートメントでカラダを健康に保つことはもちろんのこと、
ママが「ひとりの人間」として『自分の時間を持つという選択をする』ことは
何よりも子どもに「自分らしい生き方」を示すことに他ならないと思うのです。
大げさかもしれないけど、
その小さな選択の積み重ねが大切だと考えています。
ママノワでは「託児スタッフ」さんに別室で子どもさんを見守ってもらい、
ママには一人の時間を過ごしていただいています。
(まあ、隣の部屋なので声は聞こえちゃうんですが)

今年のママノワはちょっと違う!?

昨年末に、ママノワの託児スタッフさんが新しくなりました。
これを機にママノワをぐっと変化?進化?させていこうと思っています。
みんなでつくる「ママノワ」
ママノワを
それぞれが自分が好きなことで活躍できて、
誰かのお役に立ちながら、
社会と繋がれる場所にするのが目標です。

ママノワに併設しているセレクト雑貨も初めての場所で出店が決まっています。(まもなく告知します)
新しい世界を作っていくことは勇気もエネルギーも必要ですが、
自分の殻も破りつつチャレンジしていくので
応援してくれると嬉しいです!どうか楽しみにしていてください(^^♪

これを読んでくださって共感いただける方、
一緒に楽しみながらコミュニティを作ってみたい方
LINEやInstagramDMなどでメッセージお待ちしています。
ママノワの輪を一緒に作りましょう♡
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 愛しいカラダ。

  2. 【ご感想】初めてアロママッサージを受けましたが・・・

  3. 【ご感想】月1回くらいはお伺いしたいと思います。

  4. 初めての試み★

  5. 本が好き。

  6. Instagramやってます

PAGE TOP